flow

納品までの流れ

STEP
01

見積り・仕様打合せ

製品図面、3D製品データを基に金型構造を検討し、金型製作見積りを提出→受注→仕様打合せの流れで行います。製品の使用目的や機能、顧客の成形環境等に適した金型を製作する為、綿密に打合せを行い、顧客要求を満たす為に必要な情報を得ています。打合せの内容は金型仕様書に記入し、その仕様書を基に金型を設計、製作します。

STEP
02

金型図面作成

仕様打合せの内容を反映し、金型3Dデータ・金型構想図作成→部品図作成。
3D製品データ・金型仕様書を基に、弊社の金型設計基準に準じて金型設計を進め、金型構想図が出来た段階で、顧客の要求を全て満たしているかを確認します。また、各工程の担当者を交え、コスト・納期的に無理の無い金型構造であることを確認し、各部品図を作成します。

STEP
03

材料手配

モールドベース・材料・購入部品発注、外部加工部品手配。
金型構想図が完成した段階で、モールドベース・入れ子材料等の発注をします。弊社では、定期的に調達先の鋼材価格調査を行なっており、価格的に有利な購買先から調達することでコスト削減に努めています。

STEP
04

加工工程会議

各部署の代表者が集まり、加工工程会議を行ない、加工工程表を作成します。 各工程の進行状況を毎日チェックし、次工程への円滑な推進を促します。

STEP
05

NC加工

金型3Dデータを基に、3次元CAD、CAMでNC加工データを作成し、金型部品のマシニング加工を行います。高速加工機等の自動稼働機を24時間稼働して、加工工程の短縮を図っています。

STEP
06

ワイヤーカット加工

糸状のワイヤ電極により放電し、金属を溶かしながら加工します。
ワイヤーカット加工では、リニアモータ式の加工機を使用しており、位置決め精度・加工精度が高く、部品の公差が厳しい物でも高精度・高品質な加工が可能です。

STEP
07

放電加工

NCでは加工できない形状を、電極を製作し放電して加工します。
複数の電極を自動交換するATC機能付きの放電加工機で、夜間も自動運転を行い、加工工程の短縮を図っています。

また、加工部品の材質・形状・寸法公差に合わせた最適な加工条件で加工し、長年培ってきた独自の技術で高精度・高品質な加工を実現しています。

STEP
08

磨き加工

製品形状部の磨きでは、振動工具を効率的に活用し、成形品の外観品質の向上、離形性を高め、磨き加工時間を短縮しています。 レンズなどの鏡面加工にも対応可能です。

STEP
09

組み付け・合わせ

金型部品製作時に各工程で行なわれる検査に合格した部品を組み付け、ダイスポットマシンで型合わせ作業を行います。 型合わせ後にISO9001・弊社品質マニュアルにのっとった金型チェックシートにて、金型の適合性について評価しています。

STEP
10

最終確認・社内トライ

弊社金型工場の正面にあります成形工場にて社内トライを行い、製品形状、成形性、顧客要求事項が満たされていることを確認します。この際発見された不具合は、直ちに金型工場にて修正を行い、ファーストトライから品質の高い金型を顧客へ提供します。

納品までの流れ

営業品目

金型製造部

  • ・金型設計
  •  製品開発
  •  3次元金型設計
  • ・金型製作
  •  3Dモデリング
  •  マシニング加工
  •  放電加工
  •  ワイヤーカット加工
  •  汎用フライス加工
  •  金型組付け合わせ調整

成形事業部

  • ・射出成形品の製造
アクセス

新東名新城インターより
1.5km 車で3分

最寄駅 三河東郷駅(飯田線)
徒歩5分(400m)


大きな地図を見る
会社案内
納品までの流れ
お問い合わせ