business

事業内容

当社では自動車用プラスチック部品の金型の設計開発、製造及び社内で製造した金型の試作トライ業務、成形品の量産を行っております。
2006年10月にISO9001を認証取得し、金型製造部では顧客からの品質要求事項を、金型製作要件に100%反映満足するシステムを構築し、安定し継続した成形生産活動が実現可能な金型を、お客様に提供しております。

お客様より支給されました製品データにつきましては、厳重に管理し、お客様との信頼関係を築いております。
製品データを基に、金型への整合性の検証を行い、三次元CADで細部まで設計・モデリングを進めております。
加工工程では、高速マシニングセンターを土日も24時間稼動させることで、金型製作のリードタイムの大幅な短縮を実現しています。 コスト面では、モールドベースや金型部品等を海外から調達することで、厳しい価格競争にて打ち勝ってまいります。

成形事業部では二輪四輪車用ヘッドランプの関連部品、電装部品、車両内装品の成形生産を徹底した品質管理、生産管理をISOシステムを活用し、 常に顧客から信頼される最適な生産管理体制と環境を実現しております。

金型設計 ハイサイクル成形金型の設計開発

当社では、通常の金型設計はもちろんのこと、15年ほど前から成形サイクルを大幅に短縮できる、ハイサイクル成形金型の設計開発を推進しており、現在まで20型以上の製作実績があります。今での常識に破る冷却配管の設定や、蓄熱部の適正な鋼材選定により、金型の冷却効率が向上し、独自の設計と加工技術によりハイサイクル成形金型の製作を実現しております。

これにより従来のサイクルタイムより、30%~50%の短縮が実現可能になります。製品モデリング・金型の3次元設計、ASSY図、部品図を全て社内で行っておりますので、急な設変も内容によっては、その日の内に設計・加工・トライが可能です。

新商品開発支援

ユニークなアイデア商品や独創的で優れた商品の開発など、金属製、木製、革製品、ガラス製の製品をプラスチックの特性を活用して、更に進化した商品の開発などの実現を金型設計開発と製作で積上げたノウハウと成形加工技術で、商品開発の企画から成形品の実現を支援いたします。
新商品の開発でプラスチックに関連した案件をお考えの方は、是非当社の設計開発課までお問い合わせ下さい。

射出成形用金型の製造

創業以来、自動車用のエアクリーナーの金型を製作してまいりましたが、吸気のメインの部品になります。インテークマニホールドも樹脂化が進み、当社では10年以上前から、樹脂インマニの金型を製作しております。インマニの機能上、形状的に非常に複雑になり、多方向へのスライドや蓄熱対策など、今までの常識にとらわれない独自の方法でサイクルタイムの短縮を可能にします。

外装につきましては、ヘッドライトやウインカー・テールランプのレンズ・リフレクターの金型も数多く製作しております。

部品製作・部品加工

金型部品はもちろんのこと、生産ラインで必要な冶具やパンチなどの部品製作も承っております。
弊社ではワイヤー放電加工機・NC放電加工機も複数台保有しておりますので、既存の部品の追加加工などさまざまな加工に対応可能です。

金型メンテナンス

弊社で製作した金型はもちろんのこと、他社で製作した金型のメンテナンスの業務も行っております。
バリやガスベント設置などの対応も可能です。
また、必要な情報を支給して頂ければ、設変・金型改造も実績がありますので、ご相談ください。

プラスチック成形品の量産・試作生産

当社の成形事業部は日本製鋼所製の350ton 2台・450ton 1台を保有しており、金型製造部で製作した金型にて、二輪車のランプハウジング・自動車の内装部品各種・吸気系の機能部品・ハーネスプロテクター等の量産成形を行っております。
また、量産途中での設計変更や金型のトラブル対応は、金型工場が同じ敷地内にありますで、タイムリーに対応が出来る事により、早い場合には数時間で改修工事・量産再開が可能です。
金型完成時には、可能な場合には社内でトライを行い、問題点を修正しますので、お客様の成形生産の負担を軽減できます。支給型の量産を委託されたお客様にも、信頼を頂いております。

concept

佐津川のこだわり

社内一環の設計・製造

当社では自動車用プラスチック部品生産用の金型の設計開発、製造及び社内で製造した金型の試作トライ業務、成形品の量産加工を行っております。
2006年10月にISO9001を認証取得し、金型製造部では顧客からの品質要求事項を、金型設計・製作時に確実に反映させるシステムを構築し、安定し継続した成形生産活動が実現可能な金型を、お客様に提供しております。

ハイサイクル成形金型製作

「樹脂インテークマニホールドは、蓄熱部が出来やすいからサイクルタイムが長く、生産性が上がらない」とのお客様の課題にも、解決に向けて製品設計の段階からお客様と共に取り組んでおります。
製品の蓄熱部に対しては、従来の常識にとらわれない当社独自の方法で、金型冷却配管の設定・適切な鋼材の選定などを行い、インテークマニホールドでもハイサイクル成形が可能な金型を製作しております。

タイトな日程に対応した加工スピード

円滑な工程推進のため、部品製作工程を組立て毎日推進状況を管理することで、高速マシニングセンターを高効率な稼働が可能となっております。
また、休日・夜間でも24時間自動加工機を稼働しております。放電加工工程につきましても自動電極交換装置(ATC)を採用し、高効率な加工を実現しております。
工程管理の面では、金型製作工程表に基ずき円滑な工程推進を実現しております。

事業内容

営業品目

金型製造部

  • ・金型設計
  •  製品開発
  •  3次元金型設計
  • ・金型製作
  •  3Dモデリング
  •  マシニング加工
  •  放電加工
  •  ワイヤーカット加工
  •  汎用フライス加工
  •  金型組付け合わせ調整

成形事業部

  • ・射出成形品の製造
アクセス

新東名新城インターより
1.5km 車で3分

最寄駅 三河東郷駅(飯田線)
徒歩5分(400m)


大きな地図を見る
会社案内
納品までの流れ
お問い合わせ